新型コロナウイルス患者受診とその後の経緯について(最終報告)

3月28日(土)夜、北九州にて3例目の新型コロナウイルス陽性患者が発表されました。<患者様情報について詳しくは北九州市ホームページを参照されて下さい>
この患者さんは新型コロナウイルス陽性と診断される2日前(3月26日(木)15時40分頃)に当院に喉の痛みあり受診されたことが判明しました。当院受診時は発熱もなく、軽度の感冒症状であったため内服治療・自宅安静としました。3月中旬に1週間スペイン旅行に行かれていたそうです。当院受診時にはすでにコロナウイルスに感染していたと考えられ、待合室、処置室等での当院受診患者さんとの接触が疑われました。
3月29日(日)市保健所より上記内容の連絡あり、保健所の立ち入り検査により、接触が疑われる患者さんの情報開示、院内の殺菌消毒状況の確認及び指導、職員全員のPCR検査(全員陰性)を受けました。市保健所より「3月30日(月)からの通常診療に問題なし」との判断ありましたが、診療継続に対して、受診される患者様・近隣にお住まいの皆様より、本件へのお問い合わせと共にご不安・ご心配のお声を多数いただき、4月1日より診療自粛(休診)とさせていただきました。
先週より通常診療を再開させていただいていますが、新型コロナウイルス陽性患者の受診から3週間経過し、幸いにも当時の当院受診者及びスタッフ、関係者から新型コロナウイルス陽性者は出ておらずホッとしているところです。
皆様にはご迷惑をおかけしましたが、コロナウイルス感染予防・拡大防止のためご理解いただき感謝いたします。
令和2年4月16日 院長






禁無断転載 Copyright © Yoshida ENT Clinic, All rights reserved.